智惠子の視点
2014.09.29

日本理化学工業株式会社 会長 大山泰弘さん−1

アバンティ社長の渡邊智恵子が、今もっとも気になる方々にお話を伺う「地球規模対談」。今回のお客さまは、環境にやさしい「チョーク」の会社、日本理化学工業株式会社 会長の大山泰弘さんです。知的障がい者の雇用に力を入れている企業としても有名です。川崎にある工場にお邪 魔してお話を伺いました。

今回のゲスト/
日本理化学工業株式会社 会長 大山泰弘さん プロフィール

1932年東京生まれ。中央大学法学部卒業後、病身の父の後を継ぐべく同社に入社。
1960年、はじめて知的障害者を雇用して以来、一貫して障害者雇用を推し進めてきた。
1975年には、川崎市に日本初の知的障害者多数雇用モデル工場を建設。製造ラインをほぼ100%知的障害者のみで稼動できるよう、工程にさまざまな工夫を凝らしている。こうした経営が評価され、2009年、渋沢栄一賞を受賞した。